まとめ/解説

ソフトバンクからLINEモバイルに乗り換えるときの手順やポイントまとめ

ソフトバンクからLINEモバイルに乗り換えるときの手順やポイントまとめ。

ソフトバンクからLINEモバイルに乗り換えるときの流れ

【手順①】今使っているソフトバンクのスマホがLINEモバイルで動作確認されているかを確認

LINEモバイルに乗り換えてもソフトバンクで購入したAndroidスマホやiPhoneを使いたい場合は、LINEモバイルでそのスマホが動作確認されているかチェックしましょう。

発売されたばかりのAndroid動作確認されていないことが多いです。だいたい6ヶ月経過すると動作確認されます。

iPhoneに関しては、SIMフリー版もキャリア版も発売されたらすぐに動作確認されます。

ソフトバンクのスマホの対応周波数帯やSIMロックに解除に対応しているスマホについては以下をご覧ください。

【手順②】SIMロックを解除する

ソフトバンクで購入したスマホをLINEモバイルで使う場合はSIMロックを解除しておきましょう。

My SoftBankで自分でSIMロックを解除すれば無料です。ソフトバンクショップ実店舗だと手数料3000円と待ち時間が発生します。

SIMロックを解除する前に、スマホのIMEI番号をメモしておきましょう。

【手順③】ソフトバンクでMNP予約番号を取得する

LINEモバイルに乗り換えるときはMNP予約番号が必要になります。

ソフトバンクでMNP予約番号を発行する方法は大きく分けて、①携帯電話や一般電話からソフトバンクに電話、②My SoftBankで発行、の2つあります。

この中でオススメするのは、My SoftBankでMNP予約番号を取得することです。

2人と話す必要がないですし、電話と違ってすぐに手続きができます。時間のロスがありません。

申込方法 MNP予約受付窓口 受付時間
携帯電話 *5533に電話 9時~20時
一般電話 0120-100-5533に電話 9時~20時
My SoftBank トップ → My SoftBank
→ 各種変更手続き
9時~20時

どうしてもやりかたが分からないという人は電話してMNP予約番号を発行してもらいましょう。

【メモ】LINEモバイル申し込み時にMNP予約番号の有効期限が10日以上残っていないとダメ

LINEモバイルに乗り換える際は、LINEモバイル申し込み時にソフトバンクで発行されたMNP予約番号の有効期限が10日以上残っていないとダメです。

MNP予約番号を発行したらすぐにLINEモバイルに申し込むようにしましょう。有効期限が10日を切っている場合はMNP予約番号を再発行しましょう。

【メモ】MNP予約番号の発行=ソフトバンクの解約ではない

MNP予約番号を発行しただけでソフトバンクが解約されることはありませんし、MNP予約番号を発行したらソフトバンクを解約する、というわけではないです。

ソフトバンクが解約されるのは、LINEモバイルのSIMやスマホが手元に届いて、ソフトバンクからLINEモバイルに回線切替したときです。

【手順④】LINEモバイルを申し込む

契約に必要なものを用意してLINEモバイルをMNPで申し込みましょう。

  • 本人確認方法
  • 契約者と同一名義のクレジットカードorLINE PayカードorLINE Pay
  • 連絡先メールアドレス(フリーメールアドレス推奨)
  • MNP予約番号(有効期限が10日以上残っていないとダメ)

審査が完了すると「契約成立のお知らせ」メールが最短で当日に届きます。SIMやスマホは、本人確認審査と配送状況にもよりますが、最短で当日発送・翌日到着が可能です。

LINEモバイルの詳細はこちらから

LINEモバイル公式サイトへ

LINEモバイルの公式サイトに移動します

【手順⑤】手元にSIMやスマホが到着次第回線切替手続きを行う

商品が手元に届いたら、Webサイトまたは電話で利用開始手続きを行いましょう。

利用開始手続きとは、利用する通信回線を移転前携帯電話会社からLINEモバイルに変更することを言います。

Webサイトで行う

LINEモバイルのマイページの契約情報確認にある「利用開始手続きをする」より手続き可能です。

  1. LINEモバイルのマイページにログイン
  2. 「利用開始手続きをする」という緑のボタンを選択
  3. 注意事項が表示されるので「次へ進む」を選択
  4. 「利用開始手続きを実行します。手続き後のキャンセルはできません。ご注意ください」というメッセージが表示される
  5. 「利用開始手続きをする」を選択
  6. 手続き完了。開通まで待ちましょう

電話で行う

  • 利用開始手続き窓口 0120-889-279
  • 受付時間 10:00-19:00(年中無休)

※携帯電話/スマートフォンからもご利用できます。

利用開始手続きが完了してからいつから利用できる?

利用開始手続きが完了すれば利用できるようになります。
利用開始手続きは、マイページにある「利用開始手続きをする」というボタンから行うことができます。
手続きをしてから完了するまでの時間は下記のとおりです。

<ドコモ回線>
手続きをしてから数分〜1時間程度で完了します。
ただし、20時以降(~翌日9時)に手続きをした場合は、翌日9時以降での完了となる場合があります。

<ソフトバンク回線>
手続きをしてから2〜3時間程度で完了します。
ただし、17時以降(~翌日10時)に手続きをした場合は、翌日10時以降での完了となります。

<au回線>
手続きをしてから1時間程度で完了します。
ただし、20時以降(~翌日9時)に手続きをした場合は、翌日9時以降での完了となる場合があります。

利用開始手続きが完了するまでは、今までの携帯電話会社の通信がそのまま使えますのでご安心ください。
完了した時点で、今までの携帯電話会社の通信はご利用できなくなります。

マイページから利用開始手続きがない場合、MNP予約番号の最終有効期限に順次自動的に開通作業を行います。

MNP転入(他社からの乗り換え)した場合、いつから利用できますか?|よくある質問|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

【手順⑥】スマホに挿さっているソフトバンクのSIMカードとLINEモバイルのSIMカードを入れ替える

スマホに挿さっているソフトバンクのSIMカードを取り出して、LINEモバイルのSIMカードと入れ替えましょう。

SIMカードの入れ替え方が分からない場合は、YouTubeで「SIMカード 入れ替え」などで検索するといっぱい動画が出てくるので、それを見て参考にしてください。

【手順⑦】APN設定を行う

回線をワイモバイルからLINEモバイルに切り替える手続きをした後は、スマートフォン本体で「APN設定」をする必要ああります。

APN設定とは、簡単に言えば「LINEモバイルの回線にログインするために必要なIDとパスワード」のようなものです。

APN設定についてはこちらをご覧ください。

【手順⑧】開通していることを確認してLINEモバイルの利用開始

  • 利用開始手続きが完了している
  • APN設定が完了している
  • SIMカードを使いたいスマホに挿している

順番は前後してもいいので、この3つの作業が完璧であればLINEモバイルが開通しています。

天気予報や時報に電話をかけたり、Wi-Fiをオフにしてネットを見たりして、しっかり開通していることを確認してください。

ソフトバンクの契約はLINEモバイル開通後に自動解約されます。乗り換え時はソフトバンクを解約しないでください

ソフトバンクからLINEモバイルに回線切替が完了した時点で、ソフトバンクの契約は自動で解約されます。

  • ソフトバンクショップに行ってソフトバンクを解約する
  • ソフトバンクでMNP予約番号を発行した後にソフトバンクを解約する
  • ソフトバンクを解約してLINEモバイルを契約する

といった行為は絶対にしないでください。

MNPでご契約のときは、契約中の携帯電話会社で解約手続きをする必要はありません。
手続きと設定を進め、LINEモバイルでの通信が切り替わった時点でその携帯電話会社は自動解約となります。

また、MNP予約番号を取得しても有効期限を過ぎますと失効します。その場合、もとの携帯電話会社との契約は継続となります。

今の電話番号ではなく新規番号でご契約の際は、お好きなタイミングでの解約で問題ありません。
※ドコモやau、ソフトバンクなどの携帯電話会社と契約していて、同じ携帯番号を利用したい場合はMNPでのご契約が必要になります。

今契約しているキャリアはいつ解約すればいいですか?|よくある質問|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

LINEモバイルの詳細はこちらから

LINEモバイル公式サイトへ

LINEモバイルの公式サイトに移動します

ソフトバンクのスマホをLINEモバイルで使う時、どの回線を選べばいい?

Androidスマホならソフトバンク回線を選ぶべき

  • ソフトバンクからLINEモバイルに乗り換える
  • 手持ちのAndroidスマホをそのまま使い続ける

という人は、LINEモバイルでもソフトバンク回線を選ぶべきです。それが一番トラブルが少ないです。

ソフトバンクから発売されたAndroidスマホは、ソフトバンク回線はバッチリ対応しているけど、ドコモ回線やau回線に対応していないことが多いです。

ソフトバンクから発売されたAndroidスマホに、ドコモ回線SIMやau回線SIMを挿すと、スマホが繋がらない、繋がりにくい、すぐ圏外になるなどの問題が発生する可能性があります。

iPhoneならどの回線を選んでもOK

ドコモ/au/ソフトバンクから発売されたiPhone 6s, iPhone 6s Plus以降のすべてのiPhoneは、iPhoneのSIMロックを解除すればドコモ/au/ソフトバンク回線にフル対応します。

 

たとえばドコモで購入したiPhoneは、SIMロックがかかっているときはドコモ回線しか使えないようになっています。

auやソフトバンクで購入したiPhoneも同じで、SIMロックを解除していないときはau回線/ソフトバンク回線しか使えないようになっています。

しかしSIMロックを解除すれば、ドコモ回線はもちろんのこと、au回線やソフトバンク回線も使えるようになります。

auやソフトバンクで購入したiPhoneも同じで、SIMロックを解除すればドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線を使えるようになります。

ソフトバンクのiPhoneはどれがLINEモバイルで利用できる?

  • ソフトバンク版iPhone 5
  • ソフトバンク版iPhone 5s
  • ソフトバンク版iPhone 6, iPhone 6 Plus
  • ソフトバンク版iPhone 6s, iPhone 6s Plus
  • ソフトバンク版iPhone SE(第1世代)
  • ソフトバンク版iPhone 7, iPHone 7 Plus
  • ソフトバンク版iPhone 8, iPhone 8 Plus
  • ソフトバンク版iPhone X
  • ソフトバンク版iPhone XS, iPhone XS Max
  • ソフトバンク版iPhone XR
  • ソフトバンク版iPhone 11, iPhone 11 Pro, iPhone 11 Pro Max

動作確認で使われているSIMで申し込みましょう。

LINEモバイル乗り換え時の注意点

今使っている携帯電話会社で違約金が発生する可能性がある

料金プランの2年縛りの途中でキャリアを解約したり、キャリアから格安SIMに乗り換えると最大で1万円近い違約金が発生します。

ドコモ/au/ソフトバンクでは、解約するときに違約金が発生しない期間が3ヶ月間設けられています。

その3ヶ月間で格安SIMに移動すると違約金が発生しないので費用を抑えることができます。

端末代金支払いが残っていたら支払いは継続

キャリアから格安SIMに乗り換えるときに、キャリアで購入した端末の端末代金の支払いが終了していない場合は、キャリアから格安SIMに乗り換えても端末代金の支払いは継続します。

格安SIMに乗り換えたからといって、端末代金の支払いがチャラになるようなことは絶対にありません。

たとえば、auでiPhone 8を24回払いで購入し、端末代金の支払いが残り12回のときに格安SIMに乗り換えた場合は、格安SIMに乗り換えても残り12回分の支払いは継続します。

LINEモバイルではキャリアメールアドレスに相当するものはありません

LINEモバイルでは、キャリアメールアドレスは提供していません。Gmailなどのフリーメールアドレスを使用してください。

通信速度が遅くなる

LINEモバイルはソフトバンクと比べると通信速度や通信品質がかなり劣ります。特に昼休みや通勤時間帯などは通信速度の低下が顕著です。

キャリア決済が利用できない

LINEモバイルに乗り換えると、ドコモ払いやauかんたん決済などが利用できなくなります。事前に決済方法を変更してください。

LINEモバイルの詳細はこちらから

LINEモバイル公式サイトへ

LINEモバイルの公式サイトに移動します

キャリアからLINEモバイルに乗り換えるとキャリアメールアドレスが使えなくなります

  • ドコモでは@docomo.ne.jp
  • auでは@ezweb.ne.jp
  • ソフトバンクでは@softbank.ne.jp

というキャリアメールアドレスが提供されていますが、キャリアからLINEモバイルに乗り換えるとキャリアメールアドレスが使えなくなってしまいます。

Webサイトの会員登録でキャリアメールアドレスを使っている人はフリーメールアドレス等に変更必須

キャリアメールアドレスを使ってWebサイトの会員登録をしている場合は、LINEモバイルに乗り換える前にキャリアメールアドレスからGmailなどのフリーメールアドレスに変更しておきましょう。

  • キャリアメールアドレスからフリーメールアドレスに変更するときに、
  • キャリアメールアドレスに「このURLから新しいメールアドレスを登録してください」
  • というメールが送られてくることがある
  • キャリアメールアドレスはキャリア解約後・LINEモバイル乗り換え後はメールの送受信ができない
  • キャリアメールアドレスで登録しているとそのメール自体が届かない
  • メールアドレスの変更が永遠に不可能になる

こうなってしまうと打つ手がないので、もしもキャリアメールアドレスを使っているならLINEモバイル乗り換え前に全部フリーメールアドレスに変更してください。

キャリアメールアドレスは一切使っていないよ!スマホにしてからはGmailだけ使ってるよ!という人は大丈夫です。

iPhoneでApple IDがキャリアメールアドレスの場合もフリーメールアドレス等に変更必須

iPhoneでApple IDでキャリアメールアドレスを使っている場合も、LINEモバイルに乗り換える前にキャリアメールアドレスから別のメールアドレスへの変更が必要です。

メールアドレスを変更すると、各種Appleのサービスにログインするときに使うメールアドレスも変更されます。新しいメールアドレスでログインし直しましょう。

Gmailなどのフリーメールアドレスに統一したほうが分かりやすくて良いと思います。

このWebサービスではメールアドレスA、あのWebサービスではメールアドレスB、みたいな使い方していると、いざというとき分からなくなりますよ。

  • Apple IDとして使用する新しいメールアドレス→Gmailなどのフリーメールアドレス
  • キャリアメールアドレスの代わりとして使うメールアドレス→Gmailなどのフリーメールアドレス

LINEアカウントのメールアドレスも変更を

もしもLINEアカウントのメールアドレスがキャリアメールアドレス担っている場合は、フリーメールアドレスに変更しておきましょう。

メールアドレスの確認手順
1)[ホーム]>[設定]>[アカウント]をタップ
2)[メールアドレス]>[メールアドレス変更]をタップ
3)メールアドレス入力欄の下にメールアドレスが表示されます

ヘルプセンター | LINE

LINEモバイルの詳細はこちらから

LINEモバイル公式サイトへ

LINEモバイルの公式サイトに移動します

ソフトバンクからLINEモバイルに乗り換えるときに発生する費用まとめ

LINEモバイル側で発生する費用

  • ウェブ登録事務手数料3000円
  • SIMカード発行手数料400円
  • 初月の月額基本料金(日割り計算)

日割りになるのは月額基本利用料のみです。初期費用やユニバーサルサービス料は満額でかかります。

ソフトバンク側で発生する不要

  • 契約解除料1000円~9500円
  • MNP転出手数料3000円
  • ソフトバンクでスマホを分割払いで契約している場合は、LINEモバイルに乗り換え後も分割払いの支払いは継続

契約しているプランにもよりますが、2年縛りの途中で解約する場合は契約解除料として1000円~9500円ほど発生します。また、MNP転出手数料もかかります。

2年縛りの途中で解約すると契約解除料はかかりますが、乗り換えれば安くなるので数ヶ月程度で違約金は回収できるはずです。

端末代金の分割払いの支払い

LINEモバイルに乗り換えたからといってチャラになるわけではないです。

支払延滞情報は完済から5年間は信用情報機関に記録が残ります。

信用情報機関に登録された情報は、信用情報機関に加盟する他の事業者が審査に利用します。そのため、支払延滞情報があると、他のクレジット契約(携帯電話などの分割払い、クレジットカードの作成、ローン契約等)ができなくなる場合があります。

 

お得なキャンペーン実施中!

LINEモバイルでは、様々なキャンペーンを実施しています。

詳細は LINEモバイルのキャンペーンまとめ記事をご覧ください。

LINEモバイルの詳細はこちらから

LINEモバイル公式サイトへ

LINEモバイルの公式サイトに移動します

-まとめ/解説

© 2020 LINEモバイルinfo