ニュース

LINEモバイルから「OPPO A5 2020」発売。大容量バッテリー搭載

LINEモバイルから「OPPO A5 2020」が販売開始しました。

LINEモバイルは2021年3月31日で新規受付終了。品質が高く家族割もあるワイモバイルがオススメ

LINEモバイルは2021年3月31日に新規受付を終了します。

新規受付を終了する格安SIMを契約するのはなんかちょっとな~と思った人は、ワイモバイルを契約するのがオススメです。

ワイモバイルはソフトバンク本家と同様の品質で通信できますし、ふk数回線契約すると家族割が利用できます。

ワイモバイルのスマホベーシックプランを2021年2月17日までに契約すると、2月3月分の月額基本使用料が無料になるキャンペーンが実施中です。

ワイモバイル公式オンラインストアは事務手数料3300円が無料になり、SIM契約時は最大6000円相当還元、スマホ契約時は割引やセールを実施しているのでお得に契約できます。

ワイモバイルのキャンペーンの詳細については、姉妹サイトであるワイモバイルinfoのワイモバイルキャンペーンまとめをご覧ください。

LINEモバイルは2019年11月1日、「OPPO A5 2020」を販売開始しました。

一括払い2万9480円、分割払い1309円×24回。ソフトバンク/au/ドコモ回線すべてに対応しています。

スペックは以下の通り。

OSColorOS 6.0(Based on android 9.0)
CPUQualcomm Snapdragon 665
オクタコア 4×1.8GHz + 4×2.0GHz
通信速度下り(受信時)最大150Mbps(LTE)
上り(送信時)最大50Mbps(LTE)
内蔵メモリROM:64GB、RAM:4GB
外部メモリmicroSD / XC(最大256GB)
カメラメインカメラ:約1,200万画素 + 約800万画素 + 約200万画素 + 約200万画素
インカメラ:約1,600万画素
バッテリー容量5,000mAh
サイズ高さ約163.6mm × 幅約75.6mm × 厚さ約9.1mm
質量約195g
ディスプレイ6.5インチ、HD+(1600×720)、TFT-LCD、Gorilla Glass 3+
機能音声通話、Bluetooth 5.0、Wi-Fi
GPS(GPS、A-GPS、GLONASS、Beidou、Galileo)
加速度センサー、光センサー、近接センサー、ジャイロセンサー
磁気センサー、ディスプレイ指紋認証、顔認証
SIMサイズナノSIM×2

OPPO A5 2020は、プロセッサSnapdragon 665/メモリ4GB/ストレージ64GBを搭載。

ディスプレイは水滴型ノッチスクリーンを採用。6.5インチで89%の画面占有率になっています。

メインカメラに4眼カメラを搭載しており、119°の超広角レンズ、標準レンズ、モノクロレンズ、ポートレートレンズにより、風景、ぼかし効果、陰影を強調した写真など、思いのままの撮影が可能。

インカメラは800万画素でAI機能を搭載しており、A.I.ビューティー機能であなたのセルフィーをより美しくします。

トリプルカードスロットを採用していて、デュアルSIMとmicroSDカードを3枚搭載することができます。microSDカードは最大256GBまで認識します。

5000mAhの大容量バッテリーを搭載。A5 2020は16時間以上連続してビデオを視聴できます。また、手持ちのスマホに充電可能なリバース充電機能を搭載しています。

NFCは利用できますが、FeliCaは非搭載なため、おサイフケータイは利用できません。

お得なキャンペーン実施中!

LINEモバイルでは、様々なキャンペーンを実施しています。

詳細は LINEモバイルのキャンペーンまとめ記事をご覧ください。

LINEモバイルの詳細はこちらから

LINEモバイル公式サイトへ

LINEモバイルの公式サイトに移動します

-ニュース

© 2021 LINEモバイルinfo