LINEMOに乗り換え

ドコモからLINEMO(ラインモ)に乗り換え手順やポイントまとめ

ドコモからLINEMO(ラインモ)に乗り換えるときの手順やポイントまとめ。

ドコモからLINEMO(ラインモ)へ乗り換え手順やポイントを最初にまとめ

SIMのみ契約+ドコモスマホを使い続ける

  • ドコモで購入したAndroidスマホやiPhoneがLINEMOで使えるか確認
  • LINEMOを契約する前に、ドコモのスマホのSIMロックを解除する
  • ドコモでMNP予約番号を発行する
  • MNPでLINEMOのSIMのみを申し込む
  • SIMが手元に届き次第、MNP開通手続きを行う
  • SIMをスマホに挿してAPN設定をする
  • Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリでWebサイトが見れること、電話ができることを確認して利用開始

SIMのみ契約+SIMフリースマホを使う

  • LINEMOで動作確認されているSIMフリーのAndroidスマホやiPhoneを用意する
  • ドコモでMNP予約番号を発行する
  • MNPでLINEMOのSIMのみを申し込む
  • SIMが手元に届き次第、MNP開通手続きを行う
  • SIMをスマホに挿してAPN設定をする
  • Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリでWebサイトが見れること、電話ができることを確認して利用開始

eSIMを契約+eSIM対応スマホを使う

  • eSIMに対応していて、LINEMOで動作確認されているスマホを用意する
  • eSIMに対応しているドコモのスマホを使う場合は、LINEMOを契約する前にスマホのSIMロックを解除する
  • ドコモでMNP予約番号を発行する
  • LINEMOをeSIMで申し込む
  • eSIMプロファイルをダウンロードする
  • MNP開通手続きを行う
  • スマホを再起動する
  • APN設定をする
  • Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリでWebサイトが見れること、電話ができることを確認して利用開始

SIMフリー版スマホは動作確認されているものならなんでもOK

SIMフリー版スマホは、動作確認されているものであれば何を使ってもOKです。

SIMロックを解除したキャリア版iPhoneだけでなく、SIMフリー版iPhoneがもちろん使えます。

Apple Store・ビックカメラ・ヨドバシカメラでSIMフリー版iPhone 12とかを買ってきても全然OKです。使えます。

SIMフリー版Androidスマートフォンも利用できます。価格コムとかで売れ筋のものを買ってきて使いましょう。

ドコモからLINEMO(ラインモ)に乗り換えるときの流れ(SIMカードのみ契約するとき)

  • ドコモからLINEMOに乗り換え
  • SIMカードのみ契約する
  • SIMロックを解除したAndroidスマホやiPhone、もしくはSIMフリーのAndroidスマホかiPhoneを利用する

ときの流れは以下の通り。

流れ

  • 今使っているドコモのスマホがLINEMOで動作確認されているか、SIMサイズを確認
  • LINEMOを契約する前に、ドコモのスマホのSIMロックを解除する
  • ドコモでMNP予約番号を取得する
  • LINEMOを申し込む
  • 手元にSIMやスマホが到着次第、回線切替手続きを行う
  • スマホに挿さっているドコモのSIMカードとLINEMOのSIMカードを入れ替える
  • APN設定や初期設定を行う
  • 開通していることを確認してLINEMOの利用開始

必要なものを用意する・事前準備をする

LINEMOにスムーズに乗り換えるために、必要なものの用意、事前準備をしておきましょう。

必要なもの

  • 本人確認書類
  • 契約者名義のクレジットカード
  • フリーメールアドレス
  • LINEMOで動作確認されているスマートフォン

事前準備

  • スマホを変えるならLINEのトーク履歴などのデータのバックアップ
  • 今使っているスマホのSIMロック解除
  • キャリアメールアドレスで利用しているWebサービスでフリーメールアドレスへの変更
  • iPhoneなら、古いiPhoneと新しいiPhoneでiOSバージョンを同じにする

SIMのみ契約するときは、スマホのデータが消えることはないです。ご安心ください。

データのバックアップなどが必要になるのはスマホを変えるときだけです。

【手順①】今使っているドコモのスマホがLINEMOで動作確認されているか、SIMサイズを確認

LINEMOに乗り換えてもドコモで購入したAndroidスマホやiPhoneを使いたい場合は、LINEMOでそのスマホが動作確認されているかチェックしましょう。

また、使いたいスマホのSIMサイズも確認しておきましょう。ちなみに、LINEMOで使えるiPhoneのSIMサイズはすべてnanoSIMです。

【手順②】LINEMOを契約する前に、ドコモのスマホのSIMロックを解除する。SIMロック解除は絶対に必要です!

ドコモで購入したAndroidスマホやiPhoneをLINEMOで使う際は、LINEMOを契約する前に、スマホのSIMロック解除が絶対に必要です。

ドコモのスマホのSIMロック解除は、My docomoかドコモショップ実店舗で受け付けています。

My docomoで自分でSIMロックを解除すれば無料です。ドコモショップ実店舗だと手数料3000円と待ち時間が発生します。

SIMロックを解除する前に、スマホのIMEI番号をメモしておきましょう。

SIMロック解除をするための条件

  1. ネットワーク利用制限、おまかせロックなどの各種ロックがかかっていないこと

  2. 以下のいずれかを満たす場合、即時にSIMロック解除の手続きが可能となります。

    1. 当該機種のご購入後100日経過した場合
    2. 当該回線において、過去SIMロック解除2を行っており、その受付から100日経過した場合
    3. 当該機種を一括払いでご購入された場合、または分割払いでご購入され、その分割支払金/分割払金のご精算をされた場合
    4. 当該回線(解約済み回線を含む)または一括請求の代表回線において、ドコモの携帯電話料金のお支払い方法をクレジットカード1に設定いただいた場合

なんか細かいように見えますが、ドコモの支払い方法をクレジットカードにしていれば、スマホを分割払いで買っても一括払いで買ってもSIMロック解除が即時可能です。

100日待ったりする必要はありません。

My docomoでSIMロック解除するときの手順

  1. SIMロック解除 | お客様サポート | NTTドコモの「お手続きサイトへ」を選択
  2. dアカウントにログインする
  3. セキュリティーコードがSMSで送られてくるのでセキュリティーコードを入力してログイン
  4. メモしたIMEI番号を入力する
  5. 注意事項に同意して
  6. 受付確認メールの送信先を選ぶ
  7. 手続き確認内容になるので、確認して「手続きを完了する」を押す
  8. SIMロック解除手続きが完了
  9. Androidスマホの場合はSIMロック解除コードが表示されるので、SIMロック解除コードもメモする

SIMロック解除コードはメールでも送られてくるので安心

SIMロック解除コードは、ドコモのスマホからドコモのSIMを抜いてLINEMOのSIMを初めて挿したときに入力を求められます。

スマホ1台しか持っていないとSIMロック解除コードが見れないので詰みます。SIMロック解除コードはメモしときましょう。

iPhoneはSIMロック解除コードは無い

iPhoneはSIMロック解除コードはありません。

iPhoneからドコモのSIMを抜いてLINEMOのSIMを初めて挿したとき、iPhoneのアクティベーション(Apple IDとパスワード入力)を求められることがあります。

【手順③】ドコモでMNP予約番号を取得する

ドコモからLINEMOに乗り換えるときは、ドコモでMNP予約番号を発行する必要があります。

ドコモでMNP予約番号を発行する方法は大きく分けて、①携帯電話や一般電話からドコモに電話、②My docomoで発行、の2つあります。

この中でオススメするのは、My docomoでMNP予約番号を取得することです。

24時間対応ですし、人と話す必要がないですし、電話と違ってすぐに手続きができます。時間のロスがありません。面倒な引き止めとかアンケートも無いです。

どうしてもやりかたが分からないという人はauに電話してMNP予約番号を発行してもらいましょう。

MNP予約番号の受付窓口

申込方法MNP予約受付窓口受付時間
携帯電話151に電話9時~21時
一般電話0120-800-000に電話9時~21時
My docomoトップ→契約内容・手続き
→ドコモオンライン手続き
24時間対応

【ポイント】MNP予約番号は10日以上残っていないとダメ

LINEMOをオンラインで申し込むときには、MNP予約番号のMNP有効期限が10日以上残っている必要があります。

MNP予約番号を発行したらすぐにLINEMOに申し込むようにしましょう。

有効期限が9日以内の場合は再度MNP予約番号を取り直してください。MNP予約番号は何回発行しても無料です。

MNP予約番号を発行しただけでドコモが解約されることは無い

ドコモでMNP予約番号を発行した=その時点でドコモが解約されるということは絶対にありません。

ドコモが解約されるのは、LINEMOに回線切替が完了したときです。

【手順④】LINEMOを申し込む

クレジットカード、本人確認書類、メールアドレスと電話番号、MNP予約番号などの必要なものを用意して、LINEMOのSIMカードを申し込みましょう。

ドコモからLINEMOに乗り換えるときは、「今の電話番号をそのまま使用する」を選択して、「他社携帯電話会社(ドコモ、au、楽天モバイル、その他)」を選んでください。

MNP予約番号やMNP予約番号の有効期限の選択は、申込画面の3ステップ目で行います。

SIMカードは「マルチSIM」が送られてきます

SIMカードを選択して申し込むと、「マルチSIM」というSIMカードが送られてきます。

「マルチSIM」とは、SIM台紙からSIMカードを切り離すことで好きなSIMサイズにすることができるSIMカードです

SIMカードには、標準SIM(大)、microSIM(中)、nanoSIM(小)の3種類のサイズがあり、端末によって利用できるサイズが異なります。nanoSIM(小)対応のスマートフォンが多いです。

iPhoneのSIMサイズは一番サイズが小さいnanoSIMなので、切り取りに失敗することは絶対にありません。

申し込みで必要なもの

必要なもの

  • 本人確認書類(運転免許証など)
  • SIMロックが解除されたスマートフォン
  • MNP予約番号
  • 契約者と同一名義のクレジットカード

ドコモ/au/ソフトバンクで提供されているキャリアメールアドレスは、キャリア解約後はメールの送受信が一切できません。フリーメールアドレスを取得して申し込んでください。

本人確認書類は、LINEMOに封筒とかで送るのではなく、インターネット上で画像ファイルのアップロードをする形になります。

本人確認書類は運転免許証などを用意しておきましょう。

申し込み時に使える本人確認書類については、本人確認書類|手続き方法|【公式】LINEMO - ラインモ|格安SIM・格安スマホをご覧ください。

【手順⑤】手元にSIMやスマホが到着次第、回線切替手続きを行う

申込完了後に審査に問題がなければ、お住まいの地域と配送状況にもよりますが、最短2営業日でSIMカードが発送されます。

発送後に「商品発送のお知らせ」というメールが届きます。お問い合わせ送り状NOが記載されていますので、到着目途を確認できます。

SIMカードが手元に届いたら、現在契約している携帯電話会社からLINEMOに回線を切り替えるためには、回線切替窓口への電話が必要になります。

Webからはできません。 対応時間は午前10時から午後7時まで、固定電話からでも可能です。

  1. 0800-919-3448に電話をかける
  2. 音声ガイダンスにしたがって必要な情報を入力する

詳細は以下のページをご覧ください。

【手順⑥】スマホに挿さっているドコモのSIMカードとLINEMOのSIMカードを入れ替える

スマホに挿さっているドコモのSIMカードを取り出して、LINEMOのSIMカードと入れ替えましょう。

SIMカードの入れ替え方が分からない場合は、YouTubeで「SIMカード 入れ替え」などで検索するといっぱい動画が出てくるので、それを見て参考にしてください。

iPhoneの場合

LINEMOのSIMを挿して起動すると、iPhoneのアクティベーションを求められることがあります。

画面の指示に従ってApple IDとパスワードを入力しましょう。

Androidスマホの場合

ドコモで購入したAndroidスマホにLINEMOのSIMを挿して起動すると、「ロック解除PIN」とか「SIMロックの解除コード」の入力を求められることがあります。

SIMロックを解除するための番号は、ドコモから送られてくるメールや、SIMロック解除受付画面で表示されます。メモしておきましょう。

スマホが1台しかない、パソコンもない人はメールが見れないので注意してください。メモしときましょう。

【手順⑦】APN設定や初期設定を行う

回線をドコモからLINEMOに切り替える手続きをした後は、スマートフォン本体で「APN設定」をする必要があります。

APN設定とは、簡単に言えば「LINEMOの回線にログインするために必要なIDとパスワードを入力する」作業と思ってください。

Androidスマホの場合

Androidスマホは、SIMフリーであればAPN設定があらかじめインストールされています。SIMを挿したら勝手にAPN設定してくれるもの、SIMを挿してAPNリストの中から選択するものがあります。

キャリア版Androidスマホは、ほぼ確実に手動でAPN設定しないといけません。

iPhoneの場合

iPhoneにAPN構成プロファイルのダウンロードとインストールが必要です。

家にWi-Fi環境がない人はコンビニとかカフェに行ってください。

【手順⑧】開通していることを確認してLINEMOの利用開始

  • 利用開始手続きが完了している
  • APN設定が完了している
  • SIMカードを使いたいスマホに挿している
  • キャリア版スマホならSIMロック解除をしている

順番は前後してもいいので、この3つの作業が完璧であればLINEMOが開通しています。

天気予報や時報に電話をかけたり、Wi-Fiをオフにしてネットを見たりして、しっかり開通していることを確認してください。

ドコモの契約はLINEMO開通後に自動解約されます

ドコモの契約はLINEMO開通後に自動解約されます。開通するまではドコモが使えます。

「ネットでMNPで手続きすると使えなくなる期間がある」などという古い情報をいつまでたっても掲載しているサイトがありますが、今は使えなくなる期間はありません。

ドコモからLINEMOに回線切替が完了した時点で、ドコモの契約は自動で解約されます。

  • ドコモショップに行ってドコモを解約する
  • ドコモでMNP予約番号を発行した後にドコモを解約する
  • ドコモを解約してLINEMOを契約する

といった行為は絶対にしないでください。

eSIMは上級者向けです。分かっている人だけ申し込んでください

LINEMOでは物理SIMカードの他にeSIMが用意されていますが、eSIMはなんでも1人でできる上級者向けのものです。

ドコモショップに操作方法を聞きに行ったことがある人とか、サポートセンターに電話をかけて質問したことがあるような人は、eSIMは絶対に向いてません。

LINEMO(ラインモ)ではSIMのみ契約して、ドコモで購入したスマホをLINEMOでも使い続けるときの注意点

LINEMOではスマホを販売していません

LINEMOではスマホを販売していないので、ドコモで購入したスマホか、動作確認されているスマホを用意する必要があります。

ドコモのスマホをLINEMOで使うなら、LINEMOを契約する前にスマホのSIMロック解除必須

ドコモからLINEMOに乗り換えてもドコモで購入したiPhoneやAndroidスマホを使うなら、LINEMOに乗り換える前にドコモでスマホのSIMロック解除が必須です。

ドコモから販売されたAndroidスマホやiPhoneはSIMロックがかかっています。

SIMロックを解除していないドコモから販売されたAndroidスマホに、LINEMOのSIMカードを挿しても、スマホがSIMカードを認識しません。

SIMロックを解除したドコモから販売されたAndroidスマホに、LINEMOのSIMカードを挿すと、スマホがSIMカードを認識します。

LINEMOの使用しているLTE周波数帯に対応しているか確認

LINEMO(ソフトバンク)は、LTE Band 1, 3, 8, 11, 28, 42を使って通信サービスを提供しています。

LINEMO(ソフトバンク)から販売されているAndroidスマホは、LTE Band 1, 3, 8には絶対に対応しています。

その3つの周波数帯の中でも特に重要なのがLTE Band 8です。LTE Band 8はLINEMO(ソフトバンク)のプラチナバンドに相当します。

プラチナバンドの特徴としては、①より遠くまで電波が届く、②室内にも電波が入りやすい、③ビルの影などでも電波が届きやすくなる、といった特徴があります。

LTE Band 8に、あなたの活動エリア次第ではLINEMOが繋がりにくかったり圏外になる可能性があります。

Androidスマホは、LINEMOで使うのはオススメしない

ドコモから販売されているAndroidスマホは、LTE Band 1, 3は確実に対応していますが、LTE Band 8に対応していないものがかなり多いです。

ドコモのAndroidスマホは、LTE Band 1, 3は確実に対応していますが、LTE Band 8に対応していないことが多いです。

LTE Band 8に対応していないのはリスキーです。やめておいたほうがいいです。ドコモのスマホが対応している周波数は以下のドコモのページをご覧ください。

他の格安SIMだとLTE Band 8非対応=ソフトバンク回線非対応の判断をされている

他社の話になりますが、ドコモ回線・au回線・ソフトバンク回線を使用してサービスを提供している「mineo」で販売しているSIMフリースマートフォン「arrows M05」は、ドコモプラン・auプランに対応していますがソフトバンクプランに対応していません。

なぜかというと、arrows M05はLTE Band 8に対応していないからです。

LTE Band 8が使えないだけで「対応していない」判定されるということは、それだけLTE Band 8が重要であるということです。

iPhone 6s以降であればLINEMOが問題なく使える

ドコモから販売されたiPhoneは、SIMロック解除に対応したiPhone 6s以降であれば、SIMロックを解除すればLINEMO(ソフトバンク回線)が利用できるようになります。

ドコモ/au/ソフトバンクで販売されているiPhoneは、SIMロックを解除していないときは購入したキャリアでしか使えません。ドコモで購入したiPhoneならドコモ回線しか対応していません。

しかし、SIMロックを解除すると、ドコモ/au/ソフトバンク回線にフル対応します。iPhoneは無敵です。

SIMロック階所に対応しているドコモのiPhone

  • ドコモ版iPhone 6s, iPhone 6s Plus
  • ドコモ版iPhone SE(第1世代)
  • ドコモ版iPhone 7, iPHone 7 Plus
  • ドコモ版iPhone 8, iPhone 8 Plus
  • ドコモ版iPhone X
  • ドコモ版iPhone XS, iPhone XS Max
  • ドコモ版iPhone XR
  • ドコモ版iPhone 11, iPhone 11 Pro, iPhone 11 Pro Max
  • ドコモ版iPhone SE(第2世代)
  • ドコモ版iPhone 12, iPhone 12 mini, iPhone 12 Pro, iPhone 12 Pro Max

ドコモからLINEMO(ラインモ)に乗り換えるときに発生する費用

発生する費用

  • 契約解除料 : 最大9500円
  • MNP転出手数料 : 3000円
  • 契約事務手数料 : 0円
  • ドコモで買ったスマホの代金の残りの支払い
  • SIMロック解除手数料(店舗だけ、Webなら無料)

契約解除料

ドコモからLINEMOに乗り換えるときに、契約更新月以外に乗り換える場合は、ドコモ側で最大9500円の契約解除料が発生します。

契約した時期や契約するプランによって契約解除料が1000円~9500円と金額が異なります。

MNP転出手数料

ドコモからLINEMOに乗り換えるときに、ドコモ側で3000円のMNP転出手数料が発生します。

契約事務手数料

LINEMOは契約事務手数料は無料です。

ドコモで買ったスマホの代金の残りの支払い

ドコモからLINEMOに乗り換えても、ドコモで買ったスマホの代金の残りの支払いは続きます。

たとえば、ドコモで24回払いでiPhone 12を契約していて、18回目まで支払っているときにLINEMOに乗り換えた場合は、残り6回の支払いがLINEMOに乗り換えても継続します。

代金の残りの支払いがチャラになることは絶対にありません。

SIMロック解除手数料

WebでSIMロックを解除すれば無料なんですが、ドコモショップ実店舗でやると3000円かかります。

どうしてもどうしてもやり方が分からないときはドコモショップ実店舗に行きましょう。

ドコモからLINEMO(ラインモ)に乗り換えるときの注意点

通信速度はそこまで変わらない

LINEMOはソフトバンクと同等サービス品質なので、ドコモからLINEMOに乗り換えても通信速度が遅いと感じることはまず無いです。

ただし、ドコモだと通信できたけどLINEMO(ソフトバンク回線)だと通信できないエリアやスポットがある可能性があります。

時間帯による通信速度の制限があると明言している

LINEMOは、時間帯による通信速度の制限があると明言しています。

嫌ならahamoがオススメです。ahamoは時間帯による通信速度の制限はありません。

ネットワークサービスの安定的な提供のため、時間帯により、動画、ゲーム等のサービス、AR(拡張現実)等の機能を用いたサービス、その他トラヒックの混雑を生じさせるおそれのあるサービスのご利用にあたり、通信速度を制御いたします。なお、通信の切断は行いません。
通信が混雑し、または通信の混雑が⽣じる可能性がある場合、ネットワーク全体の品質を確保するため、通信の種類及び内容にかかわらず、速度を制御する場合があります。その他詳細は公式ウェブサイトに掲載しお知らせいたします。

ドコモのキャリアメールアドレスが使えなくなる

ドコモからLINEMOに乗り換えると、ドコモのキャリアメールアドレス(@docomo.ne.jp)が使えなくなります。

キャリアメールアドレスを使ってWebサービスを登録している人は、LINEMOに乗り換える前にGmailやYahoo!メールなどのフリーメールアドレスに全部変えるようにしましょう。

Apple IDにドコモのキャリアメールアドレスを使っている場合も変更しておきましょう。

dアカウントやdポイントはLINEMOに乗り換えても使える

dアカウントやdポイントはドコモからLINEMOに乗り換えても利用できます。

不安な人は解約する前にdポイントを全部使っておけば安心です。

dアカウントについて

そのままご利用になれます。
ドコモのメールアドレスをIDに設定しているお客様はIDの変更をおすすめします。

dポイントについて

dポイントおよび、dポイント(期間・用途限定)については、ドコモ回線解約前にその回線に対するdアカウントを発行していれば、引き続きご利用になれます(dアカウントにて本サイトにログインされますと、履歴確認なども引き続きご利用になれます)。
また、ドコモ回線解約前に利用者情報登録していたdポイントカードも引き続きご利用になれます。

ただし、ドコモ回線解約前にdアカウントを発行していない場合、ポイントは失効し、利用者情報登録していたdポイントカードもご利用になれなくなりますので、必ず解約前にはdアカウントを発行されますよう、お願いいたします。

また、ポイント共有グループをご利用になっている場合、dアカウントをお持ちであれば、解約後もポイント共有グループとして引き続きご利用になれます。ただし解約される回線が代表回線であった場合、解約前に代表変更のお手続きが必要となります。

さらに、dポイントを送る機能により、他のdポイントクラブ会員に送ることもできます。詳しくは、dポイントを送る機能とはでご確認ください。

ドコモの各種サービスや割引が適用されなくなる

ドコモではファミリー割引、ドコモ光セット割など様々な割引サービスが用意されていますが、LINEMOに乗り換えるとそれらが利用できなくなります。

-LINEMOに乗り換え

© 2021 LINEMO info