まとめ/解説

LINEモバイル「データフリー」を解説。対象サービスの通信量がカウントされない機能

投稿日:

LINEモバイル「データフリー」を解説。どのサービス、どの機能が対象になるかを説明します!

データフリーとは?

LINEモバイルの「データフリー」とは、サービスのデータ通信量(コミュニケーションフリープランでいえば、LINE⋅Twitter⋅Facebook⋅Instagramのデータ通信)を、データ通信利用の対象外(消費をしない)とする機能をいいます。

また、通信速度制限がかかったとしても、データフリー対象サービスであれば制限がかからず、ずっと高速通信で利用することが可能です。

つまり、少ないデータ容量のプランを契約したとしても、対象のサービスのみを利用するだけだったら容量制限がないのと同様になります。

格安SIM他社のSNSデータ消費ゼロサービスと違う点は、オン/オフなど切り替えることなく自動的にカウントされなくなること、テザリングで利用している端末も対象になることです。

対象のサービスを頻繁に利用している人にとっては非常にお得な機能「データフリー」を解説していきます。

対象サービスは?

データフリーは料金プランによって対象のサービスが異なります。

料金プラン 対象サービス
LINEフリープラン LINE
コミュニケーションフリープラン LINE, Twitter, Facebook, Instagram
MUSIC+プラン LINE MUSIC, LINE, Twitter, Facebook, Instagram

料金プラン、価格については【LINEモバイルの料金プランを詳しく解説!】で解説しています。

データフリーは主要SNS、またLINEの定額音楽サービスLINE MUSICが対象になっています。

また、どの料金プランでも「LINEモバイル」ウェブサイト内のマイページへの接続はデータフリーの対象になり、カウントされません。

しかし、主要SNSやLINE MUSICの全ての機能が通信量ノーカウントになるわけではありません。細かく定められているのです。対象になる機能、対象外になる機能を詳しく説明していきます。

どうやってデータフリーかどうかを識別しているの?

LINEモバイルは、データフリー実現のために必要最低限のデータ(IPアドレス、ポート番号、パケット内容のうちヘッダのテキストや動画、画像等のデータ内容含まない部分)を機械的及び自動的に識別することで、データフリー対象を識別しています。

 

詳しくは下記をご確認ください。

データフリー機能に係る説明書

データフリーとは何ですか?| サポート | LINEモバイル

データフリー対象機能の共通事項

対象サービスはすべて、公式アプリからもしくはウェブブラウザでの公式サイトからの利用が対象になります。

Twitterでいうと、Janetterやtwiccaのような非純正のアプリから閲覧したときはカウントされてしまいます。

また、公式アプリから外部リンクへ飛んでしまった場合、その先での接続、閲覧時にカウントされてしまいます。T

LINEの対象機能

  • 「トーク」でのテキスト・音声メッセージ・スタンプ・画像・動画・その他ファイルの送受信
  • 音声通話・ビデオ通話
  • 「タイムライン」での投稿・カメラ・リレーの利用、閲覧
  • 「友だち」の閲覧、友だち追加
  • 「ニュース」トップ・カテゴリの閲覧
  • 「ウォレット」トップの閲覧
  • スタンプ・着せかえのダウンロード
  • アカウント設定

対象外機能

  • グループ内Liveの利用
  • 「ニュース」詳細の閲覧
  • スタンプショップの利用
  • 着せかえショップの利用
  • LINE Pay・送金・コード支払いコードリーダー・請求書支払い・LINEポイントの利用
  • LINEが提供する他サービスの利用

トーク、タイムライン、通話、友だち、アカウント設定など、大半の機能に制限はないと考えて大丈夫です。

注意したいのが「ニュース」「ショップ」「LINEが提供する他サービス」の3つです。

  • 「ニュース」はトップやカテゴリの閲覧はカウントされませんが、詳細を見ようとするとカウントされる
  • スタンプや着せかえをダウンロードする行為はカウントされませんが、スタンプショップ、着せかえショップを見ている間はカウントされる
  • LINEが提供しているサービスの中でも、「LINE」の名がつくゲーム(例:LINE ポコポコ)や、LINE LIVEのようなライブストリーミング動画はカウントされる
  • LINEという名称がついているからといってカウントされないわけではない

Twitterの対象機能

  • ツイートの投稿
  • ツイートの閲覧(画像・動画含む)
  • トレンド・モーメント・通知・メッセージの利用
  • プロフィール・設定とプライバシーの編集

対象外機能

  • ツイートに含まれるYouTubeなど動画サイトの閲覧
  • Twitter公式アプリ(Twitter,Inc.が提供)以外の利用
  • ライブ動画(Periscope)の配信、閲覧

Twitterは比較的わかりやすいです。ほぼ対象となっています。

ただし分かりづらいのがツイートに埋め込まれているYoutubeなどの動画です。

Youtubeアプリやサイトに飛ばずに、公式アプリ内で表示されている動画を再生するとカウントされてしまいます。動画は特に通信量がかかるので注意です。

ツイート内に「youtube.com」が含まれるURLが載っているので判別しましょう。

Facebookの対象機能

  • フィードの閲覧、投稿(画像・動画含む)
  • リクエスト・お知らせ・その他の閲覧、利用
  • プロフィール・設定とプライバシーの閲覧、編集

対象外機能

  • 投稿に含まれるYouTubeなど動画サイトの閲覧
  • ライブ動画の配信、閲覧
  • Messengerの利用

Facebookのフィード上のYoutubeなどの動画は、タッチして飛ばないと見れないので大丈夫でしょう。

Facebookアプリとは別でインストールしなければいけないMessengerアプリは、Facebook上からすぐに飛ぶことができますが、こちらはカウントされます。

Instagramの対象機能

  • タイムラインの閲覧、投稿(画像・動画含む)
  • ストーリーズの閲覧、投稿
  • 検索の利用(画像・動画含む)
  • アクティビティの利用
  • メッセージの利用
  • プロフィールの閲覧、編集

対象外機能

  • ライブ動画の配信、閲覧

LINE MUSICの対象機能

  • ホーム・カテゴリ・検索・マイミュージックの利用
  • 音楽・音声の視聴
  • オフライン再生のための音源保存(楽曲のダウンロード)

注意点

LINE MUSICにおいて音質設定を「音質-中」以下を推奨しています。「音質-高」のまま長時間利用した場合、通信を制限される可能性があるので注意しましょう。

月額料金がお得になるオプションサービスもあります

定額音楽サービス「LINE MUSIC」は通常月額889円かかります。

ですが、LINEモバイルの回線契約と同時に「LINE MUSICオプション」に加入することで通常よりも安くLINE MUSICが利用できます!

LINE MUSICオプションについて

契約と同時に申し込むと、1~2ヶ月目無料、3~4ヶ月目月額500円、5ヶ月目以降は月額750円で利用可能。
追加申し込みの場合、1ヶ月目無料、2ヶ月目以降月額750円で利用可能。

MUSIC+プランを契約する方は、LINE MUSICを利用する方だと思います。同時にオプションを申し込めばお得になるチャンスですので要チェックです。

LINEモバイルなら月500円から利用可能!

「データフリー」を駆使すれば少ない容量の契約で、うっかり通信制限がかかってしまった場合でも高速通信のままでこれらのサービスを利用することができます!

LINEモバイルなら、「LINE」のみが対象のLINEフリープランが1GB月500円で利用することが可能です。つまり、LINEを連絡手段として子供にスマホを持たせる場合など、月500円でLINEが使い放題になるようなものです。

また、普通は5GBくらい必要な人でも、もし通信量を大量に消費しているサービスの割合が対象サービスだったなら、5GBよりも少ない容量を契約してもひと月持つのではないでしょうか?すると更に安くスマホを利用することができることになります。

まとめ

基本的に、主要SNSなどにおいてはYoutubeなどの動画サイトの動画、もしくはそれぞれが提供しているライブ配信の閲覧に注意するといいでしょう。

LINEモバイル最大の特徴である「データフリー」をうまく利用して、快適な通信を行いましょう。

-まとめ/解説

Copyright© LINEモバイルinfo , 2019 All Rights Reserved.