まとめ/解説

LINEモバイルでiPhoneを利用する時のAPN設定方法を解説

投稿日:2018年11月20日 更新日:

LINEモバイルでiPhoneを利用する時のAPN設定方法を解説。

iPhoneにLINEモバイルのSIMを挿して利用する時の流れ

  1. スマートフォンに入っているSIMカードをLINEモバイルのSIMと差し替える
    新規購入した場合は普通にSIMカードを入れる
  2. iPhoneでAPN構成プロファイルのインストールを行う
  3. 設定終了後すぐに利用可能

SIMを差し替える前にiPhoneを探すをオフに

「iPhoneを探す」ガオンになっていると、iPhoneの起動時にアクティベーションロックがかかってしまいます。

いったんiPhoneを探すをオフにして、APN設定終了後にiPhoneを探すをオンにしましょう。

まずはSIMカードを挿し替え

iPhoneはどのiPhoneであっても本体の右側にSIMカードスロットがあります。本体右側を見るとなんか小さい穴があるので、その穴にSIMピンを奥まで挿します。

 

奥まで挿すとSIMカードスロットを取り出すことができます。

もともと入っていたSIMカードをSIMカードスロットから取り外して、LINEモバイルのSIMカードをSIMカードスロットに装着します。

SIMカードには切り欠きがあるので一方向にしか収まりません。

SIMカードスロットにSIMカードを装着し終わったら、さきほどSIMカードスロットを取り外したときと同じ向きでiPhoneにSIMカードスロットを挿します。これで終わりです。

電源を入れるとアクティベーションを求められる

SIMロックを解除したiPhoneにSIMカードを入れると、「アクティベーションが必要です」と表示されることがあります

。なにか難しそうに見えますが、Apple IDとパスワードを入れてログインするだけです。

APN構成プロファイルのインストールの流れ

LINEモバイルのSIMカードをスマホに挿したら終わりではなく、LINEモバイルの回線を使えるようにするためにスマートフォン上で設定が必要になります。それが「APN設定」になります。

あらかじめ用意されているIDとパスワードを入力してLINEモバイルの回線にログインする、というイメージで大丈夫です。

それでは手順を見ていきましょう。

LINEモバイルのWiFiでSafariを起動してAPN設定方法(iOS・iPhone) | サポート | LINEモバイルにアクセスして、APN構成プロファイルをダウンロード。

「このWebサイトは~」というポップアップが表示されるので「許可」をタップ。

プロファイルのインストール画面が表示されるので、「インストール」をタップ。

その後パスコードの入力を要求されるので、パスワードを入力。

警告画面が出てなんか脅されているような文章が出ますが気にせずに「インストール」をタップ。

また「インストール」をタップ。

「完了」をタップでAPN構成プロファイルのインストールは終わりです。

AndroidスマホのAPN設定はこちら

AndroidスマホのAPN設定の流れはこちらから。

製品名 一括払い 24回払い
iPhone SE 32GB 3万800円 1340円/月
iPhone SE 128GB 4万800円 1780円/月
HUAWEI P20 6万9800円 3010円/月
HUAWEI P20 lite 3万1980円 1390円/月
Moto E5 1万8800円 820円/月
ZenFone 5 5万2800円 2270円/月
ZenFone 5Q 3万9800円 1720円/月
ZenFone Max Plus(M1) 2万9800円 1290円/月
HUAWEI nova lite 2 2万5980円 1120円/月
AQUOS sense lite SH-M05 3万3800円 1460円/月
ZenFone 4 Max 1万9800円 860円/月
ZenFone 4 Selfie Pro(※) 3万5800円 1560円/月
HUAWEI MediaPad T3
(タブレット)
1万9980円 870円/月
arrows M04 3万2800円 1417円/月
Aterm MP01LN(※)
(WiFiルーター)
1万1980円 520/月

(※)…ドコモ回線のみ対応。その他スマホはドコモ回線・ソフトバンク回線両対応

-まとめ/解説

Copyright© LINEモバイルinfo , 2019 All Rights Reserved.